坂口杏里、”トークイベント”に出演決まるも「ドタキャンしそう」の嵐…「なんとか立ち直って」と期待の声も

坂口さんは4日更新のツイッターで、今日5日に東京・下北沢のライブハウス「下北沢ろくでもない夜」で開催されるイベント「徳井と話す 2」に出演すると告知。

「1年以上ぶりの人前に立つお仕事、、 緊張」と心境をつづった。

坂口さんは16年10月にタレントからセクシー女優に転身。17年9月に芸能界引退を表明した。

久しぶりの芸能関係の仕事にも関わらず、これまでの度重なるドタキャンからネット掲示板「ガールズちゃんねる」ではドタキャンを心配する声が相次いだ。

「またドタキャンするパターン?」

「またすっぽかす気もする 」

「出演のオファーが出来るって事は、芸能界とまだ繋がりあるのかな 」

「老舗ストリップ劇場の出演をドタキャンしたことあったよね。この前、NHKで取り上げられてた、ストリップ出演者の熱意と下準備を見たら、自分に甘ちゃんなこの子には無理だわな、と思った。 」

「吉村じゃないとうまくいじらない気がする….
そしてまたドタキャンすると思う。この子もうダメだよね。 」

母である女優・坂口良子の生前は2世おバカタレントとしてバラエティに引っ張りだこだった坂口。

ところが母親が死去してからは様子が一変。

キャバクラ嬢やセクシー女優、ヘアヌード発売、さらには風俗嬢やストリッパーを転々とするも突如仕事をドタキャンするなど長続きしていない状況だ。

特に老舗ストリップ劇場は直前になって舞台に出られないとドタキャンした挙句、「こっちはプロじゃないし、きっちりちゃんと教えて」と逆切れする始末で批判が殺到した。

そのため、今回の仕事に対しても「ドタキャンするのでは?」という憶測が飛び交った。