後味の悪い話:親戚の家に、仏壇が2つある理由が怖い

親戚の家に、仏壇が2つある理由

親戚の家には、なぜか仏壇がふたつある。

ひとつはその家の亡くなった爺さんのもので、もうひとつは若くして亡くなったその甥のものだという。

一体なぜ、仏壇をわける必要があったのかというと…。