泣ける怖い話:自分を”怪人二十面相”だと思い込んだ祖父

自分を”怪人二十面相”だと思い込んだ祖父

昔、認知症だった祖父に、“自分は別の人間だと思い込んでしまう”症状が出始めたときの話。

祖父は自分を『怪人二十面相』だと思い込んでいて…。