埼玉少女誘拐事件、犯人の男に懲役9年!被害者の両親「到底、反省や更生できると思えない」

埼玉少女誘拐事件、犯人の男に懲役9年

埼玉少女誘拐事件で、さいたま地裁が寺内樺風被告(25)に懲役9年を言い渡した。

これを受け、被害者の少女の両親は12日、弁護士を通じてコメントを発表。
「到底懲役9年で反省や更生できると思えない」と、苦しい胸の内を明かした。