子供の頃の不思議な体験:父の勤める鮮魚店に、顔半分が溶けたように崩れ落ちているおばあさんがいたんだが…

17/08/18
平成初期の頃、おれはローカルな街に住む小学一年生。

親父は鮮魚店で働いており、勤務先は個人経営というにはやや大きなスーパーで、八百屋、肉屋といった数件のテナントと一緒に威勢のいい対面販売をしていた。

親父が考案した刺身盛り合わせ定額セットてのがバカ売れで、その日仕入れた新鮮な魚を日替わりで色々組み合わせ、松=\2,500、竹=\2,000、梅=\1,500ぐらいのパックで売る。

これがあまりにも人気が出たため、専業主婦だった母も後にフルで手伝うことになる。

両親の帰宅はいつも夜8時ぐらいなので、小1のガキが一人で留守番するには無理がある。

なので急きょ、バックヤードの一角に俺用の机とテレビとスーファミが設置。学校が終わったら家ではなくスーパーへ直行が日課となっていた。

何よりも俺専用の秘密基地ができたみたいで、当初はむしろwktkしていたことを覚えてる。

最初はそこで大人しくゲームしたり勉強したりしていたのだが、そこは札付きのクソガキ、すぐに店内をうろつくようになる。

他の従業員さんもうちの家庭の事情は知っていたから、お互いに何の抵抗もなかった。

しまいにゃカツオ君よろしく八百屋のオヤジの隣で売り子やってみたり、さすがにこれは後で注意されたが、今思えば俺的には古き良き思い出となっている。

さて、何か月も店内を観察してみると常連客の顔や動向もだんだんとわかるようになる。その中の一人にトラウマ級(失礼)の婆さんがいた。