アメリカ・6歳自閉症児、ジョギングしていた人の後を追って行方不明に 捜索から5日後、最悪の事態となり…

楽しい時間を過ごすはずだった一家に、突然の悲劇が襲いかかった。米ノースカロライナ州の自然公園で、父親が目を離したすきに自閉症の男児が行方不明になってしまったのだ。その後の懸命な捜索にもかかわらず、5日後に事態は最悪の結果を迎えることとなってしまった。このほどたったひとりの愛する我が子を亡くした父が、Facebookで辛い心情を吐露した。『PEOPLE.com』『TODAY』などが伝えている。

ノースカロライナ州に住むイアン・リッチさんは9月22日、息子のマドックス君(6歳)を連れて同州ガストニアにあるランキン・レイク・パークを訪れた。マドックス君は限られた言語能力しかなく自閉症を抱えており、一緒に散歩していたイアンさんと連れの1人が目を離したほんの一瞬の間に、ジョギングしていた人の後を追って走って行ってしまった。

実は広い公園内で、マドックス君がひとりでいる姿を母親と娘を連れて散歩に来ていたブルック・シェパードさんが目撃していた。ブルックさんはスキップや走ったりしているマドックス君を見て声をかけたが、返事をせずに走り去って行ってしまったので「保護者のところへ戻ったんだろう」と思っていたという。

マドックス君は普段から走ることが好きだったのだろう。いつもはイアンさんのもとから走り去っても、スピードを緩めて父親が追いつくのを待っていたそうだ。しかしこの日は息子の姿がまったく見当たらず、イアンさんは半狂乱になってあらゆる場所を探した。園内で働く職員のリック・フォックスさんは、マドックス君の姿を一度も見かけなかったが事情を知って911通報し、その後FBIを含む警察や地域住民ら約300人による大掛かりな捜索が行われ、マドックス君の行方を追った。

9月25日には母親のキャリーさんが「息子は私の全てです。どうか息子を見つけてください」と取材陣の前で涙を見せて必死に訴えていた。しかしそんな家族の祈りも虚しく、行方不明から5日後の27日、マドックス君は公園から東に約1.6kmに位置する深さ60cm~90cmの小川、ロング・クリークで変わり果てた姿になって発見された。遺体がマドックス君であることを確認したガストニア警察のロバート・ヘルトン署長は、最悪の事態となってしまった結果に声を詰まらせ悲しみを露わにした。