人が怖い笑話:誰もいない墓地にあるバス停でドアを開け、「乗らないんですか?」と言った運転手

誰もいない墓地で…

高校時代、高校が山の上にあったので、駅から市営バスでバス通学だった。

ある秋の雨の日、バスの運転手さんが誰もいないバス停でドアを開けて、「乗らないんですか?」と…。