アメリカ・動機は、喧嘩した恋人をビビらせるため…「俺は怒るとクレイジーになる」26歳男が無差別発砲!

「俺を怒らせるとどうなるのか、クレイジーなところを見せて彼女をビビらせたかった」―そんな呆れた理由で道行く人めがけて次々と拳銃のトリガーを引いた男。なんとも恐ろしい話題が米ルイジアナ州ニューオーリンズから飛び込んできた。

ルイジアナ州ニューオーリンズのメディア『New Orleans Advocate』『New Orleans Times-Picayune』ほかが伝えたところによれば、無差別発砲事件が起きたのはランパートストリートとモンテガットストリートがクロスする交差点で今月10日のこと。路上の人々に対し、次々と銃を発砲して逮捕された男はグレン・アルヴェリスJr.(26)。犯行の動機は「交際中のガールフレンド(20)と喧嘩した。ビビらせてやるためにも、俺がクレイジーな男だってことをわからせてやりたかった。撃つ相手は誰でもよかった」という呆れたものであった。

その日、あるパーティにガールフレンドと共に参加していたアルヴェリス。彼女がほかの男性と親しげにダンスしている様子を見て、車に戻ってから激しい口論に。激高したアルヴェリスは銃を持ち出し「殺してやる」などと脅した。だがその銃口が向いた先は何の罪もない人々であった。「俺がどれくらいクレイジーなのかお前にわからせてやる」と言うと、アルヴェリスは道行く人々に向けて発砲。犬を散歩させていたローリー・ディートリヒさん(54)が被弾して左脚に重傷を負った。