闇が深い話:誰にでも好かれる最高の友人Aを実家に招待した → Aが帰った後、母「楽しい子だけど、多分ちょっと怖い子ね…」

誰にでも好かれる、最高の友人Aを実家に招待したら…

大学時代の友人だったAの話。

とにかく人を褒めたりおだてたりするのが上手くて、明るい男だった。
友達も多くて、俺は実家にも招いて家族と楽しいひとときを過ごした。

だけど、Aが帰った後に母が、「あの子楽しい子ね。でも多分ちょっと怖い子ね、可哀想な子なのかな」と言い…。