アメリカ・BMWのドアにはさまれ親指を切断!!自閉式ドア「SCAD」搭載の危険性

日本の国民生活センターが衝突被害軽減ブレーキ(通称:自動ブレーキ)などのシステムを搭載した先進安全自動車について、「過信は禁物。あわや事故というケースも」と警鐘を鳴らしたかと思ったら、米アリゾナ州では3月18日夜、配車サービス「米ウーバーテクノロジーズ」が試験運行していた自動運転車について、道路を渡ろうとしていた女性歩行者の姿が突然視界に入るも、減速することもなくはねて死なせるという重大な事故が起きてしまった。何もかもコンピュータ任せにしてよいはずがないとの意見が噴出しているが、BMW車ではこんな事故も起きていたようだ。

「7万ドルもするBMWに親指を切断されてしまいましたよ…。」

米ニューヨーク州ロングアイランド在住のソフトウェアエンジニアのゴッドウィン・ボーテングさん(61)は『New York Post』の取材に応じ、義指をはめた右手の親指を見せながらこう話し始めた。2016年7月6日、友人との夕食にBMWのSUV「BMW X5」で出かけた際、その車に搭載されている“SCAD(Soft Closing Automatic Doors)”という装置のせいで右手親指の半分から先を失ってしまった。車体とのすき間が30cmになるまでドアが閉じられるとその装置が働き、極めて静かに、しかし強力なパワーで最後までしっかりとドアが閉まる仕組みだ。

車通りの激しい場所で車を停め、外に出ようとしたその時のボーテングさん。ドアをわずかに開いた状態で運転席の後ろ付近に立ち、右手はドアのふちにわずかに触れていた。ところがSCADが作動して電動でドアが閉まり、彼の親指は容赦なく切断されてしまった。激しい痛みと出血に耐えながらボーテングさんは親指を拾って病院へ急行。しかし外科医から「接合手術は難しい」と告げられたという。

患部には2度の手術が行われたが強い痛みをいまだに感じるというボーテングさんは、ブルックリン連邦地方裁判所にて独BMW社を相手に1,350万ドル(約14.3億円)の損害賠償を請求する訴えを起こした。仕事においては人々の視線が嫌でプレゼンテーションに自信が持てなくなり、タイピングも思うようにいかなくなった。何よりシャツのボタンをはめたり、靴のヒモを結んだりといった簡単な作業すら困難になったためだ。