滋賀・上司を射殺し、逃げた19歳の巡査”「なんでもできなきゃ市民の力になれないと言っていたのに…」と高校の同級生

上司を射殺し、逃げた19歳の巡査「市民の身近な存在に」とかつて語る

滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で、彦根署の井本光巡査部長(41)が11日の夜、部下から拳銃で撃たれて死亡した。

この事件を受けて滋賀県警は12日未明、同じ交番に勤務していた同僚の巡査の男(19)を同県愛荘町で発見し、殺人容疑で逮捕した。

巡査は調べに対し、「怒鳴られたから撃った」と話しているが…。