※閲覧注意 アメリカ・バターナイフで母を斬首した29歳息子「歯と手も使って頭部を切り離した」

ミシシッピ州ストーン郡で今月初旬、テレル・ジョンソン(29歳)が母親シェリーさん(51歳)の首を絞めて殺害した。テレルは母親の遺体が発見された今月6日に逮捕されていたが、20日に行われた予備審問ではその生々しい現場の様子が明らかになった。

今月6日、シェリーさんの2人の息子と娘から「3日から母親と連絡が取れないので、確認してくれないか」との連絡を受けて、ストーン郡保安官代理レイ・ボッグス氏ら3人がウィッジンズの自宅を訪れた。ボッグス氏は玄関先にいたテレルから「母親はクルーズ旅行にいっている。元気でいる」と聞かされたものの、とりあえず自宅を見せてくれるように頼んだ。

ボッグス氏はストーン郡司法裁判所で「これは決して脳裏から離れることがない残虐な事件である」と述べると、その時の様子をこう明かした。

「テレルの案内で家の中に足を踏み入れた瞬間、部屋中が血だらけなのがわかりました。床もベッドにも、そして壁にまで血が飛び散っているのが確認できたのです。」

「その後、裏庭でシェリーさんのものと思われる頭部から下の部分を発見しました。最初は彼女の頭部の存在に気付かなかったのですが、胴体部分から約4.5メートル離れた庭のフェンスの外側に投げ捨てられているのを見つけたのです。」