北海道・両親の死体を自宅に遺棄した41歳長男「もう一人の自分がやった」

両親の死体を自宅に遺棄した男「もう一人の自分がやった」

北海道函館市の自宅に両親の遺体を放置したとして、41歳の長男が逮捕された。

この事件で、警察が家の中から血が付いた金属の棒を押収していたことが新たに分かった。
『北海道ニュース』が報じる。