埼玉・秋祭りで怒られてPTSDに…女児の逆転敗訴が確定「景品の駄菓子を勝手に取ろうとした女児を注意したのは社会通念上、全く正当」

秋祭りで怒られてPTSDに…女児の逆転敗訴が確定

※画像はイメージです。

埼玉県深谷市が管理する施設で開かれた秋祭りで、ボランティアに怒られて心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとして、女児(9)が市におよそ190万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)は、女児の上告を受理しない決定をした。

女児の逆転敗訴とした2審東京高裁判決が確定した。
決定は25日付で、4裁判官全員一致の結論となった。