青森・交差点で『セグウェイ』転倒、会社員が意識不明の重体に 公道での走行は原則として認められていない

交差点で『セグウェイ』転倒、会社員が意識不明の重体

※画像はイメージです。

4日の午前9時25分頃、青森県八戸市多賀台の市道交差点で、立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」に乗っていた同市内の男性会社員(49)が転倒。

頭を強く打つなどして意識不明の重体となったことが分かった。