※閲覧注意 イギリス・10代の少年ら、精神疾患を抱える女性に小麦粉や卵を浴びせ写真撮影!犯人の少年に脅迫メッセージも

今年7月、精神疾患を抱えている女性が5人の10代少年に理由もなく侮辱され、嫌がらせ行為を受けた。今回、加害者の1人が18歳になったことから身元や顔写真が英メディアで公表され、青少年裁判所での公判内容も明らかになった。『Mirror』『The Sun』などが伝えている。

7月27日の午後6時頃、英サフォーク州ベリー・セント・エドマンズに住む1児の母ジャニス・モリスさん(49歳)が公園のベンチに座っていたところ、10代の少年らが近づいて来た。

5人はジャニスさんにドラッグについての質問を始め、1人がベンチの後ろへ回ってジャニスさんの顔に唾を吐きかけた。「なぜそんなことをするの」と言うジャニスさんに少年らは嘲笑を浴びせ、更に唾を吐いた。その後、少年らは10分ほどその場を離れたが、近所の店で購入した小麦粉と卵を抱えて再び戻ってきて、それらをジャニスさんに浴びせたのだ。全身白い粉まみれになるも、ジャニスさんは恐怖に怯えてベンチから動けなかったようだ。

傷つきやすく精神疾患があるジャニスさんがなす術もなくベンチでうなだれている姿を、少年らは嘲りながらベンチの後ろでジャニスさんを指さすポーズをし、写真撮影した。写真右端に写っているのが、今回18歳になり顔と身元がメディア上で公表されたコーハン・センプルである。

センプルは、写真をソーシャルメディア「SnapChat(スナップチャット)」に投稿した。仲間の1人がその写真のスクリーンショットをFacebookに投稿したことから、この画像が拡散。多くのユーザーらが少年の行動に嫌悪感を露わにし、非難の声をあげた。事件当時、少年ら全員が15歳~17歳だったため、法の保護のもと身元は公表されていなかった。しかし今回、18歳になったセンプルは身元を公表されるとともに青少年裁判所でのやりとりも明らかになった。