急死の“紀州のドン・ファン”、22歳の妻が通夜で親族に怒鳴られる「ヘラヘラ笑っていた」

野崎氏は多くの女性と交際し、交際クラブなどで女性と出会っていることを公言し、「紀州のドン・ファン」の呼び名で知られた。週刊ポストの取材では「(交際クラブの)入会金は100万円です」と語っていた。

 野崎氏が急死したのは5月24日。遺体は解剖されたため、通夜は5日後の29日に執り行われた。通夜に出席した関係者が明かす。

「(野崎氏の)親族のひとりが怒鳴っていて。『いくらなんでも、おかしいんじゃないか』って。別の親族は『通夜の場でそんなこと言うものじゃない』となだめていましたが、Sさんはヘラヘラ笑っていたんです。