工藤静香、おニャンコ時代『やる気なかった』発言に「キムタク苦しめてることに気づいて」の声!”夫の足を引っ張る妻”としか映らず…

16日にスタートしたフジテレビ系新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜夜11時)の初回ゲストとして登場。石橋から「(おニャン子時代の10代の頃は)やる気なさそうだったよね」と指摘された工藤は、「やる気ゼロだった。全然ゼロ。果てしなくゼロ」と、相変わらずの甘ったるい口調で答えていた。

 ところが、ネット上では「当時のファンに失礼だ」「いい大人がそんなことを言って恥ずかしくないのか」などと“集中砲火”を浴びている。

 中には「余計な発言が(夫の)木村(拓哉)くんを苦しめることになるってことに気づいて」なんて悲痛な叫びも。

「SMAP解散をめぐって工藤の名前が取り沙汰されて以降は、インスタグラムなど、工藤のやることなすことすべてが、批判の対象にされています。工藤にすれば、いまだに“裏切り者”扱いされている夫のキムタクを支えたい一心なのでしょうが、工藤が露出すればするほど、SMAPファンの神経を逆なでする羽目に。安倍首相にとっての昭恵夫人みたいな存在になっています」(在京キー局関係者)