登山家・栗城史多さん、死因は『下山中に滑落 頭や全身を強打』後日お別れの会を予定「遺体の損傷は大きくなく、安らかに眠っておりました」

登山家・栗城史多さん、死因は『下山中に滑落 頭や全身を強打』

21日に死亡した登山家の栗城史多さん(35)の死因が、下山中に滑落し、頭や全身を強打したことであることが分かった。

所属事務所のチーフが公式フェイスブックで発表した。