坂口杏里、またも性サービス店復帰に批判!「明らかな手抜き対応だった」の声も

殺人的な出勤予定表からわかる仕事への取り組み姿勢に、世間からは「やっぱりな」の声が出ている。

月に浅草ロック座で踊り子としてデビュー予定だったものの、直前になってドタキャンとなった元タレントのANRIこと坂口杏里。その彼女が、またも高級性サービス店で勤務をスタートさせ注目を集めている。坂口が勤務するのは新宿の有名店で、6月25日から勤務を開始させ、店舗スタッフも「超有名元タレント これこそ電撃の入店です」「超一流の女性と淫靡な一時を過ごす。極上の時間をお約束いたします」と、坂口を猛プッシュ中だ。

しかし、ネット上では「どうせサービス地雷では」「本気で仕事するつもりあるのか」などといった坂口への批判がとめどなく書き込まれている。

「坂口は5月にも神戸の高級性サービス店に20日間限定で勤務する予定でしたが、わずか2日でお店の在籍表から削除されるという騒動もありました。しかも、出勤した2日間もサービスを受けた人のレポートによると、明らかな手抜き対応だったといいます。また、その時は連日17時から翌5時まで勤務するシフトが組まれていましたが、今回のお店でも殺人シフトは健在。25日のシフトは何と6時から30時という24時間サービス漬けのシフトでした。ただ、前回のお店でのこともありますから、手抜き対応を受けるリスクは非常に高いと警戒している人がほとんどのようです」(エンタメ誌ライター)